東京メトロ日比谷線の品川延伸について

 東京都には、東京都市計画道路幹線街路環状第4号線(以下「環状4号線」)を白金台から品川方面へ延伸する計画があります(都市計画決定済み)。この計画が事業化された場合、日比谷線は当該道路の地下を通って品川方面へ延伸したほうがよいのではないかと思います。副都心線の開通で、日比谷線は東横線への直通運転を取り止め、中目黒が起終点となりました。同線の効率的利用を考えるならば、中目黒中心の運用ではなく、広尾と恵比寿の間で分岐・線増し、計画中の環状4号線直下を通り、将来的に大幅な交通需要が見込まれる品川を目指すことが必要でしょう。

 日比谷線の品川延伸が実現しますと、次のような経路が想定されます(下図参照)。

   広尾 ― 恵比寿三丁目 ― 白金台(南北線・三田線と接続) ― 高輪台(浅草線と接続) ― 品川

日比谷線延伸予想図

 現在、大規模交通結節点である品川には地下鉄が乗り入れていません(浅草線が乗り入れていると思う方もおありでしょうが、浅草線の境界駅は泉岳寺であり、品川を走っているのは乗り入れ先の京急本線です。)。東京メトロは虎視眈々と機会を窺っているはずです。以前に私は、南北線および三田線を白金高輪から分岐し品川を目指す案を公開したことがあります。その後、東京オリンピックに向けた都心改造の機運が高まり、環状4号線の事業化が取り沙汰されるようになってきました。南北線・三田線の品川延伸と比較衡量した場合、環状4号線事業化と日比谷線延伸を同時に行なうことのほうが、より効率的な都心部の総合交通体系の構築につながると分析しています。

 また、港区の立場で考えた場合、鉄道による区内の半環状交通の実現(虎ノ門ヒルズ〜六本木ヒルズ〜品川が一本で結ばれる)、将来的には港南方面の延伸、等々のメリットが派生することになるでしょう。

 道路の事業化はそれなりの年数がかかりますので、2020年には間に合わないかもしれません。しかし、リニア中央新幹線開業や羽田空港アクセスの多様化等を目標として、環状4号線事業化および日比谷線延伸が実現されれば、利用者の利便性は格段に増すのではないかと期待しています。本件に関しても、各方面への働きかけを強めていく考えです。

※古いデータを整理していましたら、大学院時代に思想系サークルの機関誌に寄稿した拙文が出てまいりましたので、掲載させていただきます。

伝統芸能の意義

 よく知られた故事成語に「温故知新」ということばがある。ものの本によれば、その定義は、「何事にもあれ、過去をたどり、それを十分に消化して、それから、未来に対する新しい方法を見つけるべきだ」とある。使い古された表現ではあるが、いつの時代にもこのことばが真実であることに変わりはない。

 伝統芸能の意義もこのことばに集約されるであろう。先人たちが築き上げてきた遺産を十二分に吸収し消化することにより、「いま」にふさわしい斬新な解釈が生み出されていく可能性が生まれ、それは次世代の新しい何かのクリエーションにつながっていく。文化はその循環によって生まれるものである。

 
たとえば、市川猿之助が行なう「スーパー歌舞伎」を始めとして、最近では、津軽三味線の吉田兄弟など、伝統芸能を現代流解釈でポップなものに仕上げている試みが多数ある。しかしながら、もし伝統芸能それ自体が存在しないならば、必然的にこれらの試みも存在しなくなる。伝統芸能をベースに次世代の芸能が創られていることは紛れもない事実であり、わが国において、伝統芸能の果たしている役割は大きいといえる。

 
さらに、近年の芸能界の質の低下は目も当てられないが、こうした状況下で、人々の伝統芸能に対する関心は少しずつ高まっているのではないか。ヴィジュアル重視で実力が必要とされない、さらには、プロとアマチュアの境界線がなくなった昨今の芸能界を見ていると、真に技を究めた「ホンモノ」、つまり、プロフェッショナルを求めたくもなろう。大ヒット映画『陰陽師』における野村萬斎を筆頭に、いわゆるトレンディドラマといわれる領域に数多くの歌舞伎役者や狂言師などが進出していることにも、そうした傾向が如実に現われているとはいえないだろうか。

 
いささか民族主義的な解釈と取られてしまうかもしれないが、敗戦によりアメリカに去勢され、“西洋もの=かっこいい、日本もの=ダサい”とされた時代感覚が、ここに来て大きく変わろうとしているのではなかろうか。伝統芸能に対する静かな関心の高まりを、日本人の持つアイデンティティがよみがえろうとしている時期と考えることはできないだろうか。

 
水戸黄門の印籠を見たときに覚える安堵感、そういう類の、ことばでは表現できない内奥の感情は、日本人であれば誰もが持っているはずだ(もちろん、それを感じない者もあろうが、そういう手合いは救いようがないとしか言いようがない)。伝統芸能には、その種の安心感や安堵感がある。小生も短歌を趣味としているが、日本語の持つ深遠な響きを耳にするとき、自分がこの国に生まれたことや日本人であることを感謝し、歌を詠むときには安堵の気持ちを覚えるものだ。

 
シェークスピアが世界のどの国においても絶賛されるように、わが国の伝統芸能も世界に誇るべきものである。事実、来日する外国人が歌舞伎座の舞台に狂喜乱舞し、伝統芸能の海外公演が大盛況である現実を見ても、それは明らかなことなのだが。実際のところ、そこには民族的イデオロギーや優越感があるわけではなく、ハイクオリティのもの、ホンモノに対する人々の称賛・感動があるだけだ。

 
つまり、伝統芸能は、自分のアイデンティティを確認する機会であると同時に、鍛えぬかれた巧の技、ホンモノに触れる機会と考えることができる。残念なことに、現在のわが国においては、どの領域においても、ホンモノが少なくなり、ニセモノが魑魅魍魎のごとく跳梁跋扈している。しかしながら、様々な種類の伝統芸能に触れるとき、わたしたちはそこに、「良質」「真実」「誠実」といった、本来、人間が備えているはずの根本的特質を数多く見出すことができる。

 
能・狂言・人形浄瑠璃・歌舞伎・民俗芸能・筝曲・雅楽など、わが国には優れた民族の遺産がたくさん存在する。残念なことに、急激な時代の流れの中にあって、これらは若い世代のほとんどの人たちの生活から縁遠い存在になってしまっており、それらに目を向けている人々はごく少数である。しかし、これらの芸術的価値に対しては、国際的にも高い評価が与えられており、その優れた現代性が指摘されている。前衛的な芸術の創造活動に新鮮な刺激を与えていることも紛れもない事実である。祖先が日常の生活や労働の中から生み出して洗練させた伝統芸能の楽しさや喜びを、わたしたちはもっと積極的に知ろうと努めるべきである。

東京メトロ南北線および都営地下鉄三田線の品川延伸について―2
 
 前回のブログで掲題について扱いました。前後して、関係各方面への提案・陳情を開始しております。「延伸構想図」を作成しましたので、ここに公開いたします。ご意見を頂戴できれば幸いです。

南北線延伸構想図
東京メトロ南北線および都営地下鉄三田線の品川延伸について

 先週、港区街づくり支援部土木計画・交通担当に、東京メトロ南北線および都営地下鉄三田線を、白金高輪から高輪台を経て品川へ延伸する需要の可否についてヒアリングしました。また、懇意の港区議会議員にも自民党内で検討するよう陳情しました。

 以前から一部の鉄道マニアの間では、この延伸が“妄想路線”として構想・提案(http://chizuz.com/map/map46421.html)されていますが、東京オリンピックの決定、リニア品川駅起点の決定、羽田空港の需要増などから、妄想から現実へ検討要となってきた感があります。

 これは地下鉄路線が来ていない品川に地下鉄を誘致し、都心部と品川のアクセスを改善するもので、加えて港区の区内移動交通需要にも対応するものです。将来的には港南方面への延伸、そして東海道貨物線か東京臨海高速鉄道りんかい線に接着するという構想につながります。ちょうど本日、朝日新聞に次の記事が掲載されました。

羽田―都心の新路線、JR東日本検討
http://www.asahi.com/articles/TKY201311090047.html?ref=com_top6

 延伸部が東海道貨物線に乗り入れる場合は、羽田空港アクセス路線として脚光を浴びるでしょうし、りんかい線へ乗り入れる場合は、都心および品川とお台場方面を一本で結ぶことができるようになります。どちらを選択しても、利便性は大きく増すことでしょう。

 港区としても、都や東京メトロ、JR東と連携し検討すべき時期に来ているといえるでしょう。今後、各方面への働きかけを強めていく考えです。
江戸一番の伊達男

「おっと、その手は桑名の焼き蛤」。
「こいつは朝から、はらはら駿河台」。

 最近、多用するフレーズの一例。ロビー活動のパートナーであるコンサルティング会社の社長と、新年から「江戸弁でトークしよう」ということになって、早3週間。

「おっ、芝浦の文兄ぃ」。
「よぉ、霞町の一ちゃん」。
「千束の晋公がよぉ〜」。

 まるで時代劇を見ているかのような場面が展開する。傍から見ると馬鹿馬鹿しいかもしれないが、会議や面談でも受けが良かったり、場が和んで盛り上がったりする。とても新鮮で楽しく、万事のテンポやリズムが上向いてきた感がある。江戸弁には邪気や邪霊を祓う効果があるのかもしれない。龍土町〜霞町界隈の夜の街でも静かなブームになりつつある。

 昨年3月の大震災以来、東京の産業界や夜の街にも停滞ムードが漂っていたが、小粋な連中が現状を打開しようと動き始めている。元来、「江戸の花」は、命を惜しまない町火消、寒中でも白足袋はだしで法被1枚の鳶者、江戸紫の鉢巻きの助六などに代表される、「いなせ」「いさみ」「伝法」の気品・気格である。本来、江戸っ子ではなく「蝦夷っ子」である小生ではあるが、20年近くも東京で暮らしていると、大江戸八百八町の歴史・風俗などの仔細が隅々まで分かるようになってきた。そういう背景で使う江戸弁は深みと味わいがある。江戸弁での折衝や交渉は、それ相応の気合いや知性と教養がなければ成立しないものである。

 一方で都会には、利己的で、諦めが悪く、自己の保身に汲々とするだけの見苦しい手合いも多い。そういう手合いに囲まれていると、こちらも邪気や邪霊に取りつかれて、心と精神の余裕が失われていくことになる。野暮と化物には気をつけなければならない。昨今の政界や芸能界の迷走を見れば明らかである。

 こういう時期だからこそ、利益よりも社会貢献を優先させてビジネスプランを組み立てる。産業界には、積極的なエネルギーを持つ献身的な人間が確実に存在する。「江戸っ子」の気概あふれる、気骨ある仲間に囲まれて社会活動に携われるのは、とても幸せなことだ。
1