宵の散歩道

 

秋風に吹かれて歩く宵の街震える 地球 ほし の鼓動感じつ


福田泰彦

 

風街で皿を回して二十年音のセンスで福をもたらす

(福田泰彦さん〈DJ FUKU-CHANG〉への感謝を詠みし歌)


「小菅拘置所」の画像検索結果

 

平成を内平らかに終えるため剣によりて外を成すなり

(死刑制度について詠みし歌)


春の雪

 

この街に季節外れの雪が降る春待ち人へ冬のいたずら


桜

 

風寒み南麻布を横切れば春を待てぬと桜咲き出で


カルガモ

 

お堀端仲睦まじきカルガモが優しく告げる春の訪れ


モクテル

 

ご用心過ぎたる美酒は命取り分かりながらもつい囚われて


六本木交差点

 

【歌始】平成が三十路を迎え晴れ姿街は変われど我は変わらず


雨の紅葉四十五の秋の紅葉は雨に濡れこの身の色はいかに見えるや


Ys for men

手に取りて思い出すのは十六のこころ掴みしモノクロの 人生 みち

ふと思ふ変わらぬことの難しさ変われる人の羨ましくて