六本木交差点周辺の治安改善について

 本日、港区、麻布支所、麻布警察署、地域住民が連携し、六本木安全安心憲章PR&客引き防止パトロールを実施いたしました。私も麻布地区分科会座長として副座長と共に参加してまいりました。

 この取り組みは5月に続き、本年度2回目となる活動で、六本木地区安全安心まちづくり会議(会長:武井雅昭港区長)が中心となって実施されているものです。一昨年に制定された「六本木安全安心憲章」に基づき、種々の啓発活動を展開しています。

  本日のパトロールには100人近くの参加者があり、六本木交差点周辺でいくつかのチームに分かれ、協力店舗への声かけ、客引きとおぼしき外国人への警告、放置自転車への注意、等々を行ないました。

 2020年東京オリンピックに向かって、港区では外国人観光客の増加が見込まれます。不良外国人の客引きやぼったくり店を一掃し、安心して遊べる街にしようと、区および麻布支所が麻布警察署等と連携し、六本木交差点周辺の浄化に取り組んでいます。私が座長を務める麻布地区分科会においても、この課題を積極的に議論し、地区政策に反映させていきたいと考えております。

関連する記事
コメント
コメントする