第5回江戸文の会について

 

 昨夜、港区内において「江戸文の会」(主催:植村文明〈メッセージングテクノロジー蝓ー卍后咫砲開催され、私も出席しました。この会は、ゲストまたはメンバーが「江戸」もしくは「東京」について15〜30分程度プレゼンテーションし、その文化や習俗を学ぶという目的で有志が集うものです。2011年に、江戸弁で話すことで東日本大震災の邪気を払おう、という趣旨で発足した「江戸弁の会」が改称し、現在まで続いています。

 

 今回のゲストは、南部光隆公。「公」という敬称を付けましたが、その名のとおり八戸藩南部氏の末裔です。第9代藩主信順から数えて4代目に当たる御方です。2016年11月26日付ブログにも書きましたが、当家は江戸時代、盛岡藩遠野南部氏(八戸氏が遠野に国替えになり遠野南部氏になっているので、同祖)の家中であり、天明の大飢饉以来、230年余の時を経て、主従の対面(笑)となりました。

 

 当家に伝わる八戸とき つら の黒印状のコピーを持参したところ、光隆公は大変喜ばれ、この際、改めて黒印状を拝領し、「唯是」を名乗ることを認めていただきました(笑)。

 

拝領 

 光隆公は南部会の活動の活発化を考えておられるとのこと、私も何かのお役に立ちたいと申し上げました。連綿と続く悠久の国史の流れの中で、人と人の時空を超えたつながりを実感することができ、素敵な一夜でした。このご縁をつないでくれたのは、本年2月のイージーオペラ『哀しみのシレーナ〜禁断の恋〜』です。演出の植村文明氏、主演のマリアセレン、助演の南部ひかり嬢に改めて感謝申し上げる次第です。

関連する記事
コメント
コメントする