4月1日に実施される都営バスのダイヤ改正の際、次の停留所名称が変更となります(https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/pdf/2018/bus_i_20180308_h_01_29.pdf)。

 

(旧)広尾橋 → (新)広尾駅前  ※黒77、橋86、品97

 

 本件に関し、2013年以降、数回にわたり、交通局自動車部計画課および品川営業所等に改称を提案してきました(2013年3月2日付ブログ)が、5年越しで実現に至りました。

 

 「広尾橋」は都電の電停の名残りで、笄川が暗渠化されてもなお停名として存続してきました。古くからの住民には慣れ親しんだ名称かもしれませんが、現在、川や橋は視認できず、時代にそぐわないこと、2010年に開通したちぃばす麻布ルートでは「広尾駅」としていること、等々から、現状との整合性を重視し、合理的な改称を実施するよう強く要望してきました。

 

 今回、改称が実現し、わずかながら利便性が向上するものと期待します。

関連する記事
コメント
コメントする