港区区政モニター活動報告

 昨日午前、施設見学会があり、福祉関連の区施設を視察いたしました(写真1)。



1.みなと保健所(三田)
 ・2月より新庁舎が稼動。自然光を取り入れる吹き抜け(写真2)
 ・乳幼児健診フロア(写真3)





2.子ども家庭支援センター(三田)
 ・児童虐待対策
 ・育児放棄対策
 ・夫婦間DV対策

3.高輪子ども中高生プラザ(高輪)
 ・子育てひろば
 ・学童クラブ
 ・体育室
 ・工作室
 ・音楽スタジオ

4.高輪図書館分室(高輪)

 私の専門ではない分野の施設でしたが、これからは福祉の充実が大きな課題となる時代、港区の先端的な取り組みを見て、いろいろなアイディアが浮かんできました。やはり、対面でのリアルな人と人とのふれあいが、家庭内問題の減少、若者の健全な成長、犯罪の抑止、地域の安心・安全につながっていきます。顔の見える行政を実現するためには、区民各人もこれらの施設を積極的に利用し、地域内コミュニケーションを充実させていくことが必要だと感じました。

関連する記事
コメント
コメントする