港区区政モニター活動報告

 昨日、区政モニター会議が開かれ、平成24年度予算について区長および企画経営部より説明を受けました。

 平成24年度は、『東日本大震災を教訓として、災害に強いまちと安全・安心な区民生活を実現するための予算』を基本方針に、予算総額は約150億4千万円、152事業が計画されています。

 交通分野では「台場の新規地域交通の運行」事業が実施されることになりました。具体的には7月から、台場と田町・品川間を結ぶシャトルバスが新設される予定です。現在、港区本土と台場を結ぶバス路線は、都バスの「虹01」(浜松町バスターミナル〜東京ビッグサイト〜国際展示場駅前)のみですが、シャトルバスの新設により、田町・品川と台場が一本で結ばれることになり、台場アクセスの選択肢が広がります。生活・ビジネス・レジャーのあらゆる面で利用が見込まれます。

 区長との意見交換では、

 ・保育所の充実(女性モニター)
 ・待機児童の解消(同)
 ・国保保険料や税金等のクレジット払いの導入(唯是)
 ・JR東日本田町車輛センター跡地再開発について(同)

などの意見・要望・質問が出され、区側から現状報告がありました。

 地方自治体の執行部が住民視点でのサーヴィスを企画・実施することは行政運営として当然ですが、双方向のコミュニケーションを実現するためには、住民サイドも受動的であってはならず、具体的な提案を積極的に発信・具申・提案していくことが必要です。区政モニター制度はそのための実際的な機会ですので、当制度を拡充・活用することが、わずかながらでも区政の充実につながっていくと思われます。

関連する記事
コメント
コメントする