待ちわびた風をはらんで鶴が今翼を広げ青空に舞う

眠れない夜の帳に月は照り心をよぎる君への想い

外苑の左打席で固め打ち球の行方に我が明日重ね

疑いの心に負けて過てり慢心せるを深く恥じ入る

天つ風桜散らすは魅せるためその儚きをしばし眺らむ

騙されて桜が笑うけやき坂雨は優しき四月の魚

もどかしい思いは歌にならないが友の復りを今は待つだけ

昼下がり陽光浴びて永井坂タワー横目に足取り軽く

ひたすらに静かに座り待つ時を過ぎて成果を独り悦ぶ

目をつむり遠き故郷の夢見れば麻布の街に降れる白雪