望み果て心傷つき沈む時愛しているさ誰かが君を
瞳閉じ耳を澄ませていればいい信じているさ誰かが君を
顔あげて明日の道を見ればいい探しているさ誰かが君を

バスを待つ束の間街に通り雨身捨つるほどの女はありや

雨空の重き体に重なりし獅子と火の鳥敗れ去りけり

玄海の荒れに身を賭す友ありて天の支えと武運を祈る