我が命朝露に似て永遠の光を宿しこの日を活きる
港区景観審議会について

 7月22日付で、港区景観審議会委員に就任いたしました。任期は、本年8月1日から2017年7月31日までの2年間です。

 2020年東京オリンピックに向けて、都心の再開発・整備が急ピッチで進んでいくことになりますが、港区は伝統と創造の調和を目指し、わが国を代表する自治体として景観の点でも他の規範となるべきと考えます。区民も来訪者も共に楽しめる街づくりを目標に、麻布分科会座長の職務と併せ、有益な審議・提言を心がけたいと思っております。

六本木交差点周辺の治安改善について

 本日、港区、麻布支所、麻布警察署、地域住民が連携し、六本木安全安心憲章PR&客引き防止パトロールを実施いたしました。私も麻布地区分科会座長として副座長と共に参加してまいりました。

 この取り組みは5月に続き、本年度2回目となる活動で、六本木地区安全安心まちづくり会議(会長:武井雅昭港区長)が中心となって実施されているものです。一昨年に制定された「六本木安全安心憲章」に基づき、種々の啓発活動を展開しています。

  本日のパトロールには100人近くの参加者があり、六本木交差点周辺でいくつかのチームに分かれ、協力店舗への声かけ、客引きとおぼしき外国人への警告、放置自転車への注意、等々を行ないました。

 2020年東京オリンピックに向かって、港区では外国人観光客の増加が見込まれます。不良外国人の客引きやぼったくり店を一掃し、安心して遊べる街にしようと、区および麻布支所が麻布警察署等と連携し、六本木交差点周辺の浄化に取り組んでいます。私が座長を務める麻布地区分科会においても、この課題を積極的に議論し、地区政策に反映させていきたいと考えております。


仕組まれた偶然という必然に誘い誘われさらわれてゆく

待ちわびた風をはらんで鶴が今翼を広げ青空に舞う

眠れない夜の帳に月は照り心をよぎる君への想い

外苑の左打席で固め打ち球の行方に我が明日重ね

疑いの心に負けて過てり慢心せるを深く恥じ入る
港区区民参画組織について

 本日、平成27年度麻布地区版計画推進支援分科会の第1回会合が麻布支所で開催され、座長に選任されました。

天つ風桜散らすは魅せるためその儚きをしばし眺らむ